あなただけのアメリカ住宅を創ろう [千葉県柏市]

地震に強い2×4、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。夏はエアコン1台で涼しげ、冬は蓄熱暖房機で小春日和。省エネ・エコを推進するをアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

あなただけのアメリカ住宅を創ろう       [千葉県柏市] イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した省エネ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

更新情報

建売住宅を建築中で購入したお施主様より依頼の「検査業務」 工事も大分進み、現在では「木工事」が完了し外壁も「アスファルトフェルト」「ラス網」が貼られモルタル塗りが行われています。   人気ブログランキングへ   この現場は、外壁が「モルタル塗りの上ジョリ

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

今回は、チョット一休み。 私の娘の紹介です。というよりも、もしかして「自慢?」「親バカ?」   私の一人娘は、以前書いたように18歳。現在、「JTBトラベルカレッジ」という旅行会社JTBが経営する専門学校に通っています。 3歳から英会話塾・ピアノ・水泳・そろばんと

  チョットした業界の裏話・・・・ 地震に強いツーバーフォーその1でお話した、「2×4を理解しているのか?」に関連してです。   人気ブログランキングよろしくお願いします。   昨今、「輸入住宅」の流行のせいか、2×4工法に参入する不動産系デベロッパーが

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

「プラットホーム工法」の寸法体系についてのお話   前回「プラットホーム工法」は、「合理的」に出来ているとお話しました。 スタット(2×4材)を16インチ(406mm)に建て、4f(フィート)×8fの合板を無駄に切る事なく施工をするために、建物の寸法を壁の外々でと

まず、ツーバイフォーって?なんなの。 19世紀初頭、北米で住宅の構造材を2インチ×4インチの木材を多く使い建築したことが、ルーツといわれています。 これ以降、ツーバイフォー(2×4)と呼ぶようになったとか。 現在、アメリカやカナダの木造住宅の約90%以上

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

「最近の所長のブログは、タイトルとは無縁のものが多い!」 「このまま書くのならタイトルを変えなくちゃダメ!」と 正義感が強く、熱血漢あふれる「影の社長」からのご指摘! 「う〜ん本当だね」「痛いところをつかれました!」と「所長」であり「表の社長」の私。  

  昨日は、加盟している組合「建設ユニオン」の健康診断がありました。 日頃、あまり健康的とはいえない私たちにとって、「変なところがなければいいが・・・」 と考えつつ、松戸市の「森のホール21」にいってきました。   この組合は、「土建産業」に従事している

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

今日は、ブログをUPする日では無いのですが、番外編として「お客様より弊社に届いた紅葉の写真」をご紹介します。松戸市の本土寺だそうです。 このお客様は、3年ほど前に弊社で「大規模なリフォーム」をされたお客様で、私の親よりも少し年上の「中むつまじく、やさし
『お客様よりの癒しメール』の画像

気になる現地調査の件 先週、第一回目の現地調査を実施しました。 現場はすでに、上棟は終わり、サッシが取り付けられた状態です。 基礎については、最低限の箇所にありました。 しかし、アンカーボルトの位置は写真でしか判別できず、しかも写真は、遠めから撮られた

現在、あるお客様より「建売住宅」の第三者検査を依頼されています。 このお客様は、建築途中の「木造在来工法の建売住宅」を購入されましたが、構造その他が基準に見合ったものなのかを検査して欲しいと弊社を訪れました。 いろいろと話を聞き、施工上の不安を抱えていた

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

姉歯建築設計事務所による構造計算書偽造が発覚して以来、 TV等マスコミを通じ建築業界が揺らいでいる。   どこが、偽造の張本人なのか? 建築物で、「構造」は絶対に手を抜く事が出来ない部分。 これは、木造住宅でも同じ事。 震度5強程度の地震は、「いつ来ても

前回の続き。 私は、住宅メーカーの「設計協力」もしています。まあ、言ってしまえば「下請け」です。 しかし、前回までの「プラン・見積もり無料」の弊害は、たくさんあります。   それは、「プラン」を流用される事です。 仕事の流れは、プラン先行で、見積もりを後

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。 共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方

前回の続き。「契約」についての弁護士先生のお話。いや〜参考になります。 トラブルの多い、仕事の流れについての考察からです。   お客様が、設計事務所に来て建築の相談をします。→「では、プランを作ってみますか?」「はい!」。数回の打ち合わせの後、プラン完成

私の事務所は、来年の2月で建築士事務所の登録が、切れます。 ちなみに登録期間は、5年です。 当然、更新をするわけですが、その為には、直近の2年以内に、管理建築士を対象にした国土交通大臣指定の講習会を受講しなければならないんです。  人気ブログランキング←よろ

↑このページのトップヘ