いよいよ梅雨入り。一年で一番嫌な季節ですね。先日、屋根に不安を抱えるお客様のお宅に伺ってきました。築40年近く経っておりセメント瓦は、すでに色がさめ小屋裏から観ると防水紙が切れ空が望める状態。10年前に増築した部分の屋根も、その機能を果たせない(雨漏り)状態でした。まあ、屋根に関しては直せば問題はない。 しかし、お客様いわく「西側の外壁にカビがひどい」との事で見せていただく事に、たしかに「白カビ」がびっしり。これはひどい!西側でも風は通る場所ながらこのカビ。最近では、カビ処理の売り込みも多くなりましたが、まずは、換気。よく話を聞いてみると、この部屋は雨の日の「洗濯物干し場」でもありました。私の家でもそうですが、雨の日の洗濯物は部屋干しになってしまう。 常に思っていた事だが、新築時に物干しについてもきっちり考えないと家を長持ちさせる事が出来ないと痛感。 この壁は、解体して再構築は出来ないので「カビ処理」をして壁の改装をする事になるでしょう。抜本的な解決にはならないのですが・・・