前回、アメリカは移民の国というお話をしました。植民地時代のアメリカは、ヨーロッパ各国の移住者であふれていました。(イギリス・フランス・オランダ等)住宅においても、それぞれの母国から建築技術とスタイルを持ち込み現在のスタイルの基礎を創りました。 「コロニアル」とは植民地の意味で、ヨーロッパ諸国からみるとアメリカ=コロニアルで、特にイギリスの植民地地代が長く1776年イギリスから独立するまでの建築様式を「コロニアル様式」と呼びます。 独立後もイギリスとは深い結びつきがあり、建築様式もイギリス様式のものが多くなっています。 「アーリーアメリカン」という言葉を耳にしますが、(私のところでも使用していますが)アーリーとは、初期という意味で、要訳すれば初期の頃のアメリカ住宅となります。 次回は、イギリス様式の「イングリッシュ・コロニアル」について書こうと思います。では!