82562687.JPG

毎週金曜日、『わたし流生活のてつがく』と題して設計とコーディネートの仕事、家事、育児をかかえる兼業主婦として、私流生活の仕方や工夫、設計やコーディネートに対する考えをお伝えしていきます。

共感してくださる方。反対意見の方。又、アイディアを教えてくださる方。どしどしコメントをお寄せください。

 

3/3ひな祭りの今日は『わたし流生活のてつがく』Vol.28 “後悔しない家創り 部屋のカラーを決めよう!”です。

 

「部屋の中を見渡すとなんだか雑然としていて・・・」そんなふうに感じませんか?

TVなどで欧米諸国の住宅を見る機会がよくありますが、どこのお宅も家の中がおしゃれにまとまっていますよね!「コーディネーターがセッティングしたんじゃないの?」なんて思ってしまうのは私だけでしょうか?

先日、アメリカの大家族、夫婦+おねえちゃん+5つ子ちゃん、計8人家族の生活をTVで放映していました。

そんな、大家族なら、家が散らかっていてもしょうがないと思うのですが、ビックリしたのは、家の中が整理整頓されていて、まるで、モデルルームで暮らしているの?と思うほどでした。

大金持ちで、メイドさんがいるわけでもない。お父さんは普通のサラリーマン。お母さんは掃除、洗濯、育児に追われる毎日。それでも、家の中はきれいに片付いている。

 

家は生活の場だからこそ、くつろげる場でなければいけないとおもうんです。

では、どうしたら雑然としない部屋になるのだろう?と私はいつも考えます。

生活の場だからこそ、物があふれてしまいます。

物にはいろいろな色があります。

床やドアは茶色。TVやオーディオはシルバーや黒。ここまでは、しょうがない。

カーテンは?ソファーは?カーペットは?家具は?テーブルクロスは?雑貨は?

『そう、いろいろな色がごちゃ混ぜ!!

まず、部屋のカラーを決めて、統一感を持たせると雑然とした、ただの生活の場がおしゃれな空間に変わるのでは?そんな風に感じます。

ちなみに私は、水色と淡いピンクの組み合わせが大好きです。

我が家のリビングをちょっとご紹介します。

壁は、白ともピンクとも思えるクロスに、ピンクのバラのトリム。

センターラグは、ブルー地に紺色のバラの花が織り込まれたもの。

カーテンやテーブルクロスはベージュ掛かったピンク。

ピンクのボーダーの間にブルーの小花が入った布張りのソファー。

絵画はブルーの水彩画。

クッションはラルフローレンの生地で作ったブルー地にバラの小花が入ったもの。

寝室は、若草色と紺色を基調に、麻系のベットカバーやクッションで統一しています。

部屋ごとにカラーを決めると自分らしさもでて、楽しく暮らせるのでは?と私は、思いますが、いかがでしょうか?

次回、3/10 金曜日、わたし流生活のてつがく『後悔しない家創り』で、お会いしましょう。

 

人気blogランキングへポチッとお願いします。

 

今日のブログ村?

 

現場日誌もやってます!