先週の続き。

 

木造住宅での保険料の構造種別はT構造とH構造の2種類あります。

 

そして違いは先週のブログで書いた通り、防火性能の違いです。

 

さらに火災保険料はH構造を100とするとT構造は約40

 

とてつもない違いです。

 

ですがほとんどの住宅はH構造なんです。

 

最近流行の梁を見せたり、柱をむき出しにしたり・・・・オール木材。

 

見た目にはいいかも知れませんが、火災保険料は結構な金額になります。

 

また2×4工法は地震に強くて火災に強い・・・のですが、これも省令準耐火構造という

 

基準に併せないとT構造にはなりません。

 

弊社住宅は新築住宅の標準仕様で‘省令準耐火構造’としていますので

 

現実的に火災に強い構造ですし、T構造なので火災保険も非常にリーズナブル。

 

おそらく火災保険の事など考えずに家づくりをしている方々がほとんどで

 

住宅メーカーや保険会社のいいなりになって高額な保険料を払っている事でしょう。

 

こんな知識も少しあれば、流行や時流に乗ることなく、保険料も押さえて

 

一生暮らす事が出来ます。

 

先週書いたように今は最高5年で更新をしなければなりませんので

 

それでなくても非常に割高。

 

省令準耐火構造、覚えて置いてください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------