先週に引き続き、トイレについて書きたいと思います。

新築したときはもちろんですが、リフォームする時にどこのトイレを選べばいいのか?

「どこでも大して変わらないでしょ!」と思っているかもしれませんが、お風呂やキッチンよりメーカーによって違いがあるのがトイレです。

 

今回は、一体型トイレについて、TOTO、リクシル、パナソニックの大手3社を私の目線で比較してみます。

 

TOTOはCMでおなじみ、売りは、除菌水です。

これは、薬品や洗剤を使わず水から作った除菌成分を含む水を便器全体に吹きかけ、常にきれいに保つ機能です。

これにより、便器内の黒ずみや黄ばみの元となる見えない菌や汚れを除菌出来ます。

これについてはすごく良いと思いますが、ウオシュレットのノズルがとても大きく(太く)おしり洗浄の先にビデ洗浄がついている一体型が私的には嫌な感じがします。

又、ウオシュレットと便器の隙間汚れは持ち上げて掃除出来ますが、実際、持ち上がりが少なくお掃除しづらそうというのが私の印象です。

カタログにも写真や説明がなく、お掃除リフトと書かれているだけとあって他社に劣るといった感じが否めません。

ただ、女性だけの家庭や男子でも立っておしっこをしないという家庭では、ウオシュレットと便器の立つ小時に飛び跳ねる又は引っ掛けるなどのすき間に入るおしっこ汚れは気にならないのでそれほど気にする必要はないのかもしれません。

 

リクシルは、黒ずみなどの汚れが付かないアクアセラミックという陶器になりました。

便器の除菌については、シャープのプラズマクラスターを採用しています。

ただ、プラズマクラスターは閉め切った状態で何時間かおかないと除菌できません。

そう考えるとTOTOの除菌水の方が清潔な感じがします。

ただ、なんといってもウオシュレット(シャワートイレ)部分が真上にしっかり持ちあがりお掃除しやすいのが特徴です。

機種によりますが、電動で持ち上がるものもあるので、とてもお掃除しやすいです。私はこの機能が気に入り買いかえました。

 

パナソニック

のトイレは、アラウーノと名前のごとく、汚れを市販の台所洗剤を含んだ水で洗い落します。(タンクに洗剤を入れて使います)又、男性立ち小用時の飛び跳ね汚れもこの泡で押えます。

アラウーノはウオシュレット(シャワートイレ)部分と便器部分が一体成型なので、隙間というものがありませんので、隙間に汚れが付着することがありません。

お掃除の面でいうと、パナソニックが一番掃除しやすく、軍配が上がりますが、TOTOとリクシルは陶器なのに対し、パナソニックは有機ガラス系の新素材です。

業界の裏話としては、陶器に比べると傷がつきやすいとか?それが、本当か否かはわかりませんが、私的には漠然と陶器の方がいい気がします。

それと、座り心地が外国のトイレに近く、平面的でもう少しホールド感があったらいいなと感じます。

もっと各社良い機能がたくさんあります。お時間が許すのであれば、是非、ショールームに行かれて選ぶことをお奨めいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------