こんにちは。スタッフ 堀です。

先日は早くも雪が積もりましたが、寒さはこれからも厳しくなっていきますね。事務所内の寒さもさることながら、私の自宅でもアルミサッシの枠に結露が出たりと、いろいろと冬らしさ(?)が出てきています。

 

外気は低温で乾燥、一方で部屋を暖房しても壁や窓など部分的に結露・・・。誰しも経験はおありかと思います。

 

湿度には「相対湿度」・「絶対湿度」がありますが、私たちが普段から耳にする湿度は「相対湿度」の方。

空気中にある水蒸気の量の割合を、

「ある温度の空気中の水蒸気量」 ÷ 「その温度の空気の飽和水蒸気量」 ×100(%)で示したものです。

 

「飽和水蒸気量」とは、ある温度の空気が最大限まで含むことができる水蒸気量 を差します。この飽和水蒸気量は、温度が高ければ多くなり、逆に低くなれば少なくなります。

よって同じ湿度であっても、温度が違えば空気中の水分量は異なります。真夏の湿度50%と真冬の湿度50%は水分量が違う、ということです。

 

加湿器をただ使っても、温度が低ければ、空気中の水蒸気が少ないまま飽和してしまい結露につながることも。これでは「加湿」とはなりません。

温度を上げることで、空気が含むことのできる水分量の「上限」を上げることができます。

 

※アルミサッシの枠や暖房室とつながる廊下・押入(非暖房)、さらには壁の内部など、結露の可能性のある場所はあります。部分的に、空気が冷やされる場合があるからです。

湿度を保ちつつ、結露も防ぎたいのであれば、壁体やサッシの断熱性・気密性をよくする、空気を滞留させないといった方法があります。

 

いよいよインフルエンザも流行期に入ったというニュースを見ました。

感染対策の一つとして、部屋の湿度を上げると良い、ということは多くの方がご存知かと思います。

のどの粘膜などを守るのに適切な湿度として50〜60%、と言われますが、湿度が高くなり過ぎると今度はカビ菌やダニが活発になってしまいます。また、時には外気を適切に取り入れる換気も必要。

大切なのは、ただの加湿でなく「温度・湿度管理」。

もちろん、予防策の基本、うがい・手洗い・マスクの使用もお忘れなく。これから忙しい年末年始に向けて、より健康でいたいものですね。私もうっかり寝込んでなんかいられません(汗)。

 

今日も、ブログを見てくださって、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------