もう12月に入りました。早いですね。

という人はこの一年、大きな変革が無かった人だそうです。

私もその一人?!

 

さて、最近ZEHのニュースを目にする機会が増えましたね。

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。

住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、

HEMS(家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム)、

太陽光発電システムなどを組み合わせ、

エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、

エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。

これが普及すれば、冬に混雑する灯油売り場は

夏と同じように閑散とするかもしれませんね。

「灯油が入ったポリタンクを重そうに運んでいるあの人は

ZEHのことをどう思っているんだろうな」

スタンドで給油しながら、ふと考えてしまいました。

 

■政府目標

政府はZEHを

・2020年までに標準的な新築住宅とすること

・2030年までに、新築住宅の平均とすること

を目指しています。

 

■補助金

.断熱性能を高め、

.エネルギーを上手に使い、

.自宅でエネルギーを創る

 

この3つは、ZEH達成に欠かせないポイントです。

どの方法も初期費用が掛かります。

そこで、国は125万円の補助金を用意しています。

(必ず貰えるわけではありません)

蓄電池を設置すれば、さらに5万円/kWhの補助金が加算されます。

(上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額)

なお、補助金は延長しても最長2018年度までの予定です。

 

■業者は登録制です

この補助金の対象になるには、

「ZEHビルダー」として登録されている業者に

施工を依頼しなければなりません。

登録業者はこちらで確認できますよ。

ちなみに弊社は登録済みです。

     ↓↓↓

https://sii.or.jp/zeh28/builder/search/

 

■こんな不安も

最も不安なのは施工不良。

まだ普及の初期段階なので、不慣れな業者がいないとは限りません。

というのも省エネに関してはほとんどの業者が無知なので。

(昨今の社会情勢に併せている会社がほとんどです)

また、省エネ設備や創エネ設備は一生ものではありません。

資金計画の際は、初期費用だけでなく、

その際の費用も考えておく必要があります。

  

将来

「こんなはずじゃなかった」

と慌てないよう準備しておきたいですね。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------