今年の私のブログもあと2回。

寒さもきつくなってきました。お体ご自愛ください。

 

突然ですが、今、あなたがいる部屋の湿度はどれくらいですか?

人間が快適な湿度は、40〜60%だと言われています。

しかし、日本では

夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります。

 

快適に過ごすには、湿度の調整が欠かせません。

 

昔の住宅は、ふんだんに使われた木材や

障子・ふすまに使用された紙などの自然素材が

湿度を調整していました。

 

それに加えて、今より気密性が低く

適度な(?)空気の循環がありました。

これは隙間からの風ですね。

 

当時の住宅ではそれらの力が、湿度の調整に役立っていたんです。

 

一方、昔と比べて気密性が高くなった最近の住宅は、

換気が無くても冬でも湿度が70%を超えることがあります。

調湿・換気機能のない工業製品で建てられた住宅の弱点です。

 

夏、気温28度以上湿度70%以上になると

熱中症のリスクが高まります。

カビやダニが増えやすくなるので、

ハウスダストによるアレルギーも心配です。

 

冬は湿度45%以下になると、肌やのどが乾燥し、

美容にも健康にも悪影響を与えます。

 

湿度40%未満になると、

インフルエンザウィルスの生存率が高まります。

そして、静電気も生じやすくなります。

 

湿度が変わるたびに

除湿器や加湿器で調整するのは大変ですが必需です。

 

そんな中、炭や珪藻土は、

湿度を調整する自然素材として注目を集めています。

しかし、その種類によって

調湿機能が期待できないことは知られていません。

なぜなのか?

簡単な事で、売れなくなるからです。

 

湿度は、人や住まいの健康に大きな影響を及ぼします。

自然素材や機械を上手に取り入れて、健康を守りたいものですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------