春到来!

菜の花とさくらのコントラストがきれいですね!暖かくなると不思議に気持ちも華やぎます。

 

皆さんは、水田や河川に隣接した家の外壁にコケが生えているのを見たことはありませんか?

一般的な住宅地でも、日当たりや風通しが悪い面だけ、外壁がコケに覆われた家もみかけます。

 

あれはどうしてだかご存じですか?

山や川などにはコケが生えていますよね。それらの胞子は、風に乗って外壁に付着します。

乾燥しにくくて水分を補給できる自然環境だけでなく、凹凸が多くて水はけの悪いデザインの外壁や、経年劣化で防水性が低下した外壁などに付着した胞子は、その水分を利用して繁殖します。

 

また、それらのコケには保水力があります。

コケに覆われた部分は、常に湿気に包まれている状態です。放置すると、外壁材の劣化だけでは終わりません。

水分がゆっくりと内側に侵入し、じわじわと付着面を腐食していくことがあるんです。

 

腐食は、住宅の寿命を縮める最大の原因です。

適度な乾燥が保たれた木造住宅の寿命は80年だと言われています。

しかし実際には、腐食により劣化する住宅が多く、30年ほどで寿命を終えるケースが少なくありません。

 

終の棲家にするには、あまりにも短い年数です。

土地選びの際は、周辺の自然環境だけでなく、周辺の家々の外壁チェックもしてみましょう。

特に、北側の外壁チェックは忘れないでください。

その際、コケの発生が確認できたなら、

・その土地を候補から外す

・コケに強い外壁材を選ぶ

・防藻、防カビ塗料を外壁に塗る、などの対策を検討してください。

 

住宅によっては、築後2〜3年でコケが発生することがありますので、

気になるようになったら、早めに洗浄する事です。

 

今では窯業系サイディングなどの外壁材には‘オートクリーン’などの雨により汚れが付きにくい、または落とす機能が備わっている材料が多くなっていますので、モルタル壁よりは腐食しにくい材料となっています。

 

自然が起こす現象ですが、土地選びや素材選びには注意したいですね。

 

また、弊社でも外壁塗装を行っています。

既存のお宅に耐用年数が長い、最適な塗料をご提案いたします。

まずはメールでご相談ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------------------------------------------