ウィキペディアによると限界集落(げんかいしゅうらく)とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指します。

 

近年、急増しているのが、限界集落ならぬ限界マンションらしいのです。

マンションは必ず修繕積立費を積み立てて、建物を維持管理しますが、年を取って死亡したり、老朽化によりお金がある人は、引っ越してしまったりと空き家が増え修繕費が貯められないマンションが急増しているそうです。

その結果、老朽化しても修繕出来なくなってしまい、朽ち果ててしまう。

又、修繕費の積み立てが、年を取って支払えなく滞納してしまうケースもあるそうで、

このようなマンションを限界マンションというらしいのです。

 

マンションは、最初の3年は3万円位の修繕費で済みますが、10年後には5万円、20年後には8万円位必要になるとのこと。

そうなってくると、年金生活では、支払えない人もいるのが当たり前ですね。

そんな支払えない人には強制売買により出て行ってもらい、新たに支払える人に住んでもらいマンションを維持管理するなんてケースも・・・

高い住宅ローンを払って住んでいた持家なのに、老人になり修繕費が払えなければ最終的には住む家もなくなってしまう???

もしかして、老人は賃貸も借りられない???

途方に暮れた老後ですね。

「一軒家ならおんぼろになっても自分の家

地震が来て壊れても自分の土地ならバラック小屋だって建てられる。

だからどんな小さな家でもいいから買わなくてはダメだ」と昔母が言っていました。

一軒家でも、もちろん維持管理するためには、お金が掛かりますし、定期的に修繕しなくては、長持ちませんが、もしも、お金がなくってどうしても修繕が出来なくてもなんとか暮らすことが出来ます。

そうなるとやっぱり、マンション暮らしより、一軒家の方が良いような気がします。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------