またもや台風です。それでなくても8月以降の天気はひどいものです。

8月の晴れの日は、13/319月は14/30

10月は30日までで11/31

全体で38/92で、晴天率は41%。(大目にみています)

これでは、外工事は進みません。

 

すでに2つの現場では遅れが出てきていますので、

今後の天候も踏まえ、工程の見直しが必要になりそうです。

 

そんな中、建築士講習「住宅省エネルギー技術者講習」に行ってきました。

この講習は来る2020年以降の新築住宅を設計するうえで必要になる講習です。

 

皆さんの中にもご存じの方も御出ででしょうが、2020年から新築住宅は

H28年省エネルギー基準に準拠した住宅しか建築出来なくなると

国は発表しています。

 

このH28年省エネルギー基準は、幾度か当ブログでもお伝えしている

‘外皮平均熱貫流率’を計算する外皮性能基準と‘一次エネルギー消費量’を計算し、

トータルのエネルギー消費性能を図ります。

 

ここで問題なのが‘外皮平均熱貫流率’の計算で、これが難しいと言われています。

弊社では低炭素住宅が施行された2013年からこの計算を行っているので、

全く問題はありませんが、参加者(建築士)の様子を見ると皆渋い顔をしていました。

 

資格講習なので最後に考査があるのですが、皆さん時間いっぱいまで頑張っています。

考査の問題は私にとっては非常に簡単だったので15分で終わり、提出。

当然結果は100点でした。

 

今回は設計者向け講習でしたが、施工者向けの講習もあるようですので、

工事をする上で必要な資格であれば、来年にも施工者向けの講習にも参加しなければ

ならないのかも知れません。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------------------------------