今回は第一段階の家づくりについてお話します。

 

それまでの住宅では断熱を入れると壁の中が腐ると断熱材を入れなかったり、例え入れても最低レベルの断熱材だったり、施工がいい加減だったりと暑くて寒い家がほとんどで、特に冬は人のいる場所だけ暖を取り、その他の部屋は外気温と一緒という家までありました。あっ!これは今でも同様の住宅はたくさんありますね。

 

そして住宅の断熱と気密を高めると隙間が少なくなるために換気が必要になります。

つまり、断熱と気密、そして換気はセットで考えなければならないのですが、当時は全く考えられていない状況で、換気=換気扇と考えていた方々が大多数だったんです。

 

私は専業の設計事務所から高断熱・高気密を目指し、上記の通り当時はまた法制化されていなかった換気も取り入れた住宅の設計と2003年から建築も始めたのが第一段階です。

 

前ブログでの「アクティブデザイン」とは、家を締め切って住環境を整える事で、

当時は高断熱・高気密+換気を取り入れながら空調は北欧や北米に習い、セントラル空調(全館空調)で冷暖房を行っています。

 

これも設計事務所時代での出会いで現在のアズビル(旧山武)と知り合った事で完璧なまでの家づくりをしていましたが、こうなると高断熱・高気密のおかげでは無く、全館空調による冷暖房によって住環境が良くなっているとお施主様は感じてしまいます。そのあげくは換気も整っているおかげで窓の開閉を全く行わず、最後は「窓は開けないので網戸は要りません」なんてお話になりました。

 

高断熱・高気密にした恩恵を感じず、‘全館空調だから快適’と感じられては意味がありません。ましてや全館空調費は建物規模にもよりますが200万円近い金額になりますし、低い光熱費で過ごしてもらいたいと考えるには電気代がかさみます。

 

規模の大きな住宅では今でもセントラル空調は採用していますが、ほとんどが3035坪という住宅規模が多くなった事で高断熱・高気密はそのままで低光熱費と低建築費を目指し考えを巡らせる事に。

 

そこでず〜と暖めていた第2段階に移行する事を考え始めました。

それが「パッシブデザイン」を取り入れて、さらなる小さな熱源による冷暖房を可能にするシステムで、この頃には既に断熱も壁の中に充填する‘充填断熱’から現在の‘外張り断熱’を採用しています。

 

その第一弾が「柏市しこだの家」で、次回は昨年の冬まで採用していた家づくりのお話です。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------