こんにちは!スタッフ 堀です。

先日「守谷市松ヶ丘の家」のクリーニング作業を行いました。今回は筋肉痛も軽めで、ほっとしております。

そして今週末 4/14(土)、4/15(日)の2日間は、いよいよ「完成内覧会」!詳しくは、こちらをご覧ください!

当日の天気が少々心配なのですが・・・「大荒れでなければ良し!」と考えて準備をしっかりしておこうと思います。

弊社の住宅に関心をお持ちの方、この機会にぜひお越しください!

 

さて、私は普段 集合住宅の意匠・構造図面作成の業務に携わっています。

もう長いことお世話になっている会社から、さまざまなプランのお仕事をいただくのですが・・・。

 

基本的に使われる外装、内装、建具や設備機器などの仕様は統一されており、また建築基準法を順守しつつ「室の最低面積」「最低限の天井高」「通路の有効幅」「使用する部材」などに独自のルールを設けていたりもします。

それらの仕様やルールは、時折 法改正やニーズに合わせて改善されることがあります。

シックハウス症候群対策の規制に整合するように内装仕上げや換気設備を整えたり。

バリアフリーに対応させるため、室内での段差(特に水回り)を抑えたり、手すりを追加したり。

構造強度を保持しつつ、コストを抑えるため、根太や梁の納まりを変えたり。

オートロック設備など防犯に配慮した仕様、またペットとともに暮らせる集合住宅の為の特別な仕様というものも近年出てきました。

 

新たな仕様が発表されるたび、その説明を受けたり資料をいただいたり。既存の図面を、新仕様に直すというお仕事もたまにあります。

「手直し」は、時に1から書くよりも手がかかることも。「ここを直してください」という赤入れの入った図面をもらえるなら良いのですが、木造でもその他でも、意匠と構造、設備は互いに影響しあうもの、意外な影響であっちを納めればこちらが・・・という悩みに直面することも多々あります。

バージョンアップというものは何でも限りがあるものでもなく、最近は付いていくのがやっとだったりもしますが(汗)、建てる人・住む人にとってより良い建物であるようにと考えつつ、書いています。

 

今日も、ブログを見てくださって、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------