HEAT20・・・???なんだそれ??

 

過去に当ブログでも話題に上げた事があるとは思いますが、

エムアンドエー設計工房はHEAT20の思想に賛同し、現行省エネ基準より性能が高くコストパフォーマンスがよい

G1(グレード1)及び更に高い水準のG2(グレード2)の住宅を設計、そして施工していきます。

 

このHEAT20(通称:ヒート20)とは英語で 

Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 house

2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」といって断熱や環境に係わる各業界団体が加盟する民間団体です。

 

今回からエムアンドエー設計の住宅水準でもある、このHEAT20が目指す水準や室内温度環境、またもう一度‘断熱’の大切さについて何回かに分けてお話します。

 

まず今回は、「そもそも断熱性能とは?」

 

まず熱の特性です。

 

熱は温度の高い所から低い所に移動するのはご存じですね。

断熱性能が低い冬の家では、暖められた空気は低断熱の壁やサッシから‘すぐに’外へ逃げてしまいます。

体感出来る事として、冬の室内でガラス1枚のアルミサッシ付近はとても寒く、ガラス附近は大きな温度差が生まれ、場合によっては‘結露’も起こるわけです。

 

これが高い断熱性能があれば、熱はゆるやかに温度の低い方へ流れますが大きな温度差は生まれませんし、高断熱の壁やサッシがある事でなかなか外へは逃げていかないので、温度をキープする事が出来ます。

 

低断熱住宅で近年更に多くなったヒートショックは起こらないので健康的に暮らす事が出来ますし、未だに「一戸建ての家は寒い」と聞きます。しかし今の住宅であれば断熱はされています。

 

しかし問題なのは、そのレベルです。

同じ高断熱住宅でも「レベルがある」と認識を新たにしてください。

 

次回は気密性能と体感温度についてです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------