私のブログでは断熱のお話が非常に多いのですが、

それだけ私たちの住宅で重要なキーワードで私たちの

住宅の核だと考えています。

 

このブログを書いている期間でも省エネ基準だけでなく

さまざまな住宅施策が行われましたが、どれひとつ根付く事無く

現在に至ってきましたが、ここにきて省エネ政策義務化される事で

ようやく業界全体がひとつの方向に向かってきたような・・・

 

 

さて、今回は気密性能と体感温度についてです。

 

前回、断熱の重要性についてお話しましたが、この断熱と同時に

重要なのが気密性能です。

 

弊社住宅では全ての住宅で測定され公表もしていますが

意外と無視されているように感じます。

 

当ブログや弊社の現場日誌等でもさんざん登場しているので

多くの方は既にご存じでしょうが、ここで簡単におさらいしましょう。

 

気密性能が低いというのは‘漏気が多い’という事で、

熱損出が大きく計画換気をコントロールできなくなります。

 

つまり家内の冷房や暖房の熱が外に出て行ったり、

外気が多くの隙間から内部に入る事で計画的に

動かそうとしている換気がめちゃめちゃになります。

 

つまり断熱性能を上げて隙間が多くあれば

何もならないという事です。

 

弊社では気密性能である「相当隙間面積C値」を

0.7c/岼焚爾箸いθ鷯錣帽盖ぬな性能とするお約束

をさせて頂いています。

 

*高気密とは1.0/岼焚爾鮖悗靴泙后

 

*前置きも長かったので、体感温度については次回にさせて頂きます。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------