こんにちは、スタッフ 堀です。

大阪で震度6を記録した地震が起きてから、1週間がたちました。

 

今回の地震よりも前から多々見受けられることですが、大きな災害の後には「それに便乗した悪質商法」が多数発生します。

ニュースで知りましたが、大阪での地震の後、ガス機器の修理を装って実際には修理をせず復帰ボタンを押しただけ(ガス漏れしていない場合の、簡単な復帰方法です)で、高額な代金を請求されて支払ってしまったというケースがあったそうです。

 

「独立行政法人 国民生活センター」HPによると、以下のような相談事例があるそうです。

工事、建築

・日に3〜4回訪問され、屋根の吹き替え工事契約を迫られた

・屋根の無料点検後、このまま放置すると雨漏りすると言われ高額な契約をさせられた

・豪雨で雨漏りし修理してもらったがさらにひどくなった

・雪下ろし作業後に当初より高い金額を請求された

 

寄付金、義援金

・ボランティアを名乗る女性から募金を求める不審な電話があった

・市役所の者だと名乗る人が自宅に来訪し義援金を求められた

などなど・・・。

 

消費者へのアドバイスとしては、

工事、建築

・修理工事等の契約は慎重に

・契約を迫られても、その場では決めないで

・契約後でもクーリング・オフできる場合がある

 

寄付金、義援金

・不審な電話はすぐ切り、来訪の申し出があっても断って

・金銭を要求されても、決して支払わない

・公的機関が電話等で義援金を求めることはない

・寄付をする際は募っている団体等の活動状況や使途をよく確認

 

また、お困りの際にはお近くの消費生活センター等にご相談ください。

(消費者ホットライン 188

といったことが挙げられています。

 

事例を見ると、災害時だけとは限らなそうなものも見受けられます。特に、工事・建築に関する項目は、職業柄 時に目に耳に入ってきたりもします。リフォームに関してのトラブルにも通じるものが有ります。

 

実際に災害にあってみると、周りに相談のできる方がいなかったり、不安から藁にもすがる思いになってしまうことも考えられます。不確実なうわさやデマが飛び交うことも。

災害とはまた別の、新たな被害を受けないために、上記のような事例があること、またそれに対するアドバイスもあることが広く知られれば、と思っています。

 

もちろん弊社では、「建築」や「耐震」「リフォーム」等であれば、有事に限らず相談に乗らせていただいております。

 

今日も、ブログを見てくださって、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------