こんにちは、スタッフ 堀です。

さて、暦の上では「立冬」。ご家庭の浴室やトイレ、廊下。朝晩に少しずつ冷え込んできたりしていませんか?

弊社事務所がまさにそう(そして我が家も)。

まだ暖房までは必要ないものの、ひざ掛けがないとどうも落ち着いてデスクワークができません。

陽射しのある・ないでも、体感の暑さ・寒さがこんなに違うのか・・・と思わされます。

 

今年の夏はとにかく暑かった!という印象ですが、一方でこの冬はどうなるでしょうか。

とかく熱中症対策が叫ばれた夏のように、例えば冬季に起こりやすいヒートショックについても同じくらいの注意喚起がされてもいいのでは?と思うのです。

 

急激な温度変化・温度差による血圧の変動が体にもたらす影響、ヒートショック。体に負担がかかるばかりか、場合によっては命の危険にもつながることです。

建物の 脱衣室・浴室・便所・廊下といった部分と、居室(暖房室)との温度差で引き起こされることが多く、

起きそうな状況をなるべく作らないよう対策が必要です。

 

まずは、室同士の温度差をなるべく作らないようにすること。

各室を暖房器具等で暖めたり、また浴室は温水シャワーを流しておくことや浴槽の蓋を少し開けておくことでも暖められます。

他に予防法としては、体に負担をかけにくい入浴方法を取ること。長湯をしない、温度は41℃以下に、飲酒後の入浴は避ける・・・など。

 

温度差をなるべく作らない・・・という点は、建物の断熱性能・気密性能を高めることでも対応ができます。

新築で高断熱・高気密の建物を建てられればもちろん良いですし、また既存のお家であっても断熱材やサッシ等のリフォームによって、断熱性能・気密性能を高めることもできます。

この先、より寒さが厳しくなってくる季節です。弊社 現場日誌の方にも、リフォームの事例はありますので、よろしければご覧ください(断熱材のリフォームは夏の暑さ対策にも)。

 

今日も、ブログを見てくださって、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------