今日の逸品は・・・

渋谷は実家からも遠いため、娘時代もあまり訪れない場所で、友人と一番わかりやすいハチ公前で待ち合わせをしました。

ハチ公前に到着しましたが、すごい人で友達はすぐには見つからず、携帯電話がなかった時代は会うのも大変だったんだろうな〜

渋谷1
 

ハチ公と記念撮影のため長蛇の列です。

 渋谷2

こちらは何かと話題の渋谷の交差点ですが、高いビルが増えたせいか?昔は109がもっと大きくみえたような気がします。

渋谷4

渋谷5
 

今日のランチはイタリアンの松濤MARでフルコースをお願いしていたのですが、1時間しかないことを告げると、メイン1品の軽めのコースをご提案され、余儀なく変更しました。

渋谷7
 

劇場シアターコクーンの1階の花屋さんは春の桜が飾られていました。

 

『渋谷で罪と罰を鑑賞』

渋谷6

重い題材ということもあり、あまり期待していなかったのですが、ことのほか素晴らしく、のめり込んでしまいました。

何が良かったのかというと、早口の長セリフが時に抑揚があり、時にただただしゃべり続ける、私が昔から好きだった“これぞ芝居”でした。

主演の三浦春馬や娼婦役の大島優子も素晴らしかったのですが、カテリーナ約の麻美れいや国家捜査官ポルフィーリを演じた勝村政信の演技は本当に素晴らしかったです。

 

あらすじは・・・

ロシア 文 学 の 傑作長編小説 を 豪 華 キャストで 舞台化! 罪 を 犯 し た 青 年 の 正 義 と は 、救 いとは

舞台は、帝政ロシアの首都、夏のサンクトペテルブルク。 頭脳明晰な貧乏青年ラスコリニコフ(三浦春馬)は自分が「特別な人間」として、 「人類が救われ、その行為が必要ならば、法を犯す権利がある」という独自の理論を持っていた。 そして強欲で伶猾な質屋の老婆を殺害し、奪った金で世の中のために善行をしようと企てている。 そんな中、酒場で出会った酔っぱらいの退職官吏、その後妻カテリーナ(麻実れい)ら 貧乏な家族を見ると質入れで得たお金をすべて渡してしまうのであった。 ついに殺害を決行するが偶然居合わせた老婆の妹まで手にかけてしまい、罪の意識、幻覚、自白の衝動に苦しむことになる。 そうして意識を失い数日間も寝込んだ彼を親友ラズミーヒン(松田慎也)が見守り、 結婚のため上京してきた妹ドゥーニャ(南沢奈央)と母プリヘーリヤ(立石涼子)も心配をする。 一方、老婆殺人事件を追う国家捜査官ポルフィーリ(勝村政信)はラスコリニコフを疑い心理的に追い詰めていき、 さらに謎の男スヴィドリガイロフ(山路和弘)の登場に翻弄されていく。 そして退職官吏の娘・娼婦ソーニャ(大島優子)の 家族のためへの自己犠牲の生き方に心をうたれた彼は数々の普遍的なテーマに触れながら、 人間回復への強烈な願望を訴えたヒューマニズム大作!

〜シアターコクーンHPより〜

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市