こんにちは!スタッフ 堀です。

そろそろ桜の季節が近づいてきましたね。家の周りで、通勤途中で。淡いピンク色の木々が見られるのが、毎年楽しみです。

 

さて、タイトルの「酸素・水分・温度・栄養」。これ、なんだと思いますか?

これは、「木材腐朽菌の繁殖に必要な条件」 なのです。

酸素があり、栄養分があり、適度な温度・水分(湿度や木材含水率)がある状況では菌の繁殖により木材の腐朽が進んでいく、ということです。

 

逆にいえば、これらのうちのどれかを絶つことで、菌の繁殖を押させることが可能となります。酸素・温度については対処・調整が難しく、木材自体は栄養の元にも・・・。

木造建築においては、木材を防腐剤で処理する方法の他、木材と水分を分離して腐朽を防ぐ「構造法」があります。

・主要な部分の木材は、乾燥させたものを使用する(含水率2535%を境に腐朽し始める)。

・外壁・床など、内部結露を生じないような構造とする。

・構造躯体内部に雨水等が入らないよう外壁や屋根等に、また厨房・浴室など水回り部分に防水を施す。

 水分の停滞が無く、また乾燥しやすいように留意する。

・小屋裏、基礎など、必要に応じて換気口を設ける。

・特に腐朽しやすい部分については、耐朽性のある木材を使用する。

・・・といった方法です。

 

「酸素・水分・温度・栄養」 この条件は、これからの季節の厄介者・カビにも通用します。住宅の中は、栄養源には事欠きません。構造躯体と同様、換気や掃除等で「水分を絶つ」ことが最も実行しやすいことでしょう。

 

今日も、ブログを見てくださって、ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------