新しい元号が’令和’になりました。
元号ビジネスや号外などのネットでの販売、商魂たくましいですね。
何でもお金になる時代だという事を再認識しました。
ネット時代の悪しき点なのかも知れません。

さて、鴻臚館を後にしてからは、いよいよ天守閣跡までの散策です。

事前に聞いていた話では‘大したものはないですよ’と聞いていましたが、城好きとしては石垣一つでも興味が湧きます。

福岡城址 東御門
 

スタートは東御門跡。

この東御門は北に位置する三の丸から二の丸に入るための門の跡で、福岡城では東に松の木坂御門と天守台の南に位置する現存する多門櫓にある桐の木坂御門と三つの御門があったようです。

既に櫓は残ってはいませんが、雰囲気は十分です。

 

少し歩くと‘祈念櫓’という建物があります。

福岡城址 祈念櫓

この祈念櫓は、案内によると本丸の北東に位置し鬼門を守護する櫓と伝えられていて、大正時代に近くの寺院に移築されたそうですが、昭和59年に再移築されたようです。

外装は当時のままではないとの事ですが、時代を感じさせます。

 

そのまま天守を目指すと表御門跡があります。

福岡城址 表御門跡

この石垣は当時のままで、まだ古い野面積になっていて、このまま表御門を通過します。

皆さんもご存じだとは思いますが、本丸に入るにはいくつもの関門があり、番人がいました。

今では簡単に通過できる御門ですが、当時は何十ものチェックがなされていたわけですから大変だぅた事でしょう。

 

いよいよ天守台の跡に到着します。
福岡城址 天守台跡


福岡城址 天守台跡 2

どこの天守も同じですが天守台には備蓄などのために地下のような場所があります。天守台の石垣が高くなっているのはそのためでもあります。この天守台も礎石のあとがあり、現在では階段状になっているのですが、これを上がると天守台です。

 

この城郭は少し小高い丘のような場所で、眺めは抜群です。

博多の街並みが見えます。

 福岡街並み

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------