##################################

4/27() 「我孫子市高野山の家」構造・断熱見学会(予約制)

地震に強いツーバーフォーと理想の断熱’外張り断熱’を見学できる企画です

参加希望の方は、お電話かメール(info@m-a-sekkei.co.jp)にて

ご希望時間を明記の上、お申込みください。追って現地の地図をお送りします。

##################################

 

事務所の近く大堀川の桜も少しずつ葉桜になってきました。

昨日までは何とか花見も出来たかな?

 

さて、福岡城天守跡から江戸時代から現存する多門櫓に向かいます。

当日は桜祭りの準備日で、この櫓の中でもイベントが行われるらしく、多くの機材が持ち込まれていました。

DSC_0372

きちんと使われているのなら良いのでしょうが、イベントに使うのは如何なものか?と少し疑問を感じました。

 

そんな準備の喧騒の中、裏御門を通り下之橋御門まで向かおうと考えたのですが、少し歩くと大濠公園がある事に気が付きました。そこで少し脇道にそれて大濠公園へ行ってみる事に。

大濠公園
 

この公園、遊歩道が整備され福岡市美術館や能楽堂まである立派な公園で、当日は天候もよかったせいか、多くの人で賑わっていて、池の縁を散策しながら能楽堂を目指したのですが、残念ながら休館日で見学すら出来ず少し残念でした。

能楽堂
 

時間はまだたっぷりあります。お昼はとっくに過ぎていたのですがめぼしいお食事処も見つからず、福岡城址で頂いた観光マップに洋館が2棟ある事がわかっていたので次に目指す洋館に行ってみる事にしました。

 

どれくらい歩いたでしょうか?(約2KM)目指す福岡市赤煉瓦文化館は那珂川手前の天神地区にありました。

福岡市赤煉瓦文化館

写真を見て???と思った方はさすがです!

この福岡市赤煉瓦文化館は日本生命保険株式会社九州支店の社屋として明治42年に建築されました。

設計者は、・・・そう!東京駅を設計した‘辰野金吾’です。

 

何となく外観も東京駅に似ていませんか?

それはこのスタイルにあります。

福岡市赤煉瓦文化館 2

辰野金吾博士は19世紀末にイギリス留学をしていますが、この時代に流行っていたのが‘クイーンアン’という建築様式。辰野金吾博士はこの様式に大いに魅了されたのでしょう。設計する多くの建物でこのクイーンアン様式を応用した「辰野式」と呼ばれるデザインを多用して、いつの時代でも古びない素敵なデザインだと改めて感じました。

 

内部も受け付けや会議室など独創的なデザインが目を引きました。

福岡市赤煉瓦文化館 3


福岡市赤煉瓦文化館 3

福岡市赤煉瓦文化館 4

福岡市赤煉瓦文化館 5

現在では国の重要文化財として福岡市が管理しています。

入場は無料でした。当時の面影を残しながらきれいに保存されていて癒しのひと時となりました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

たった1台のエアコンで家中快適 外断熱・高気密高断熱住宅

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

----------------------------------------------------------