あなただけのアメリカ住宅を創ろう [千葉県柏市]

地震に強い2×4、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。夏はエアコン1台で涼しげ、冬は蓄熱暖房機で小春日和。省エネ・エコを推進するをアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

あなただけのアメリカ住宅を創ろう       [千葉県柏市] イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した省エネ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

HEART HOME

現在世間は、ゴールデンウィークの真っ最中。 今年は曜日の並びもいいので人によっては、9連休なんていう方もざらにいるそうですが、 私は「そんなに休みがあって何をするのだろう?」と首を傾げてしまいますし、近年の日本は休日が増えていて 「それでなくても休みが多い

昨年末から先週まで心も体も実にゆったりとしました。ですが、今週からは現場も始まるので気を引き締めて再スタートです。今回は、ほとんどの人が行くであろう’住宅展示場’のお話です。家づくりの下準備が不十分な段階で住宅展示場に行くと、新居に住み始めてから後悔する

年末年始の休暇も明け、仕事が始まりました。とはいえいきなりの連休?!いったいこの国はいつからこんなに休みの多い国になったのか? さて今年はアメリカ大統領にいよいよトランプ氏が就きます。世界経済がどうなるのか?日本への影響は?恐らく私には大きな影響はないで

今年の私のブログもあと2回。寒さもきつくなってきました。お体ご自愛ください。 突然ですが、今、あなたがいる部屋の湿度はどれくらいですか?人間が快適な湿度は、40〜60%だと言われています。しかし、日本では夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります

もう12月に入りました。早いですね。という人はこの一年、大きな変革が無かった人だそうです。私もその一人?! さて、最近ZEHのニュースを目にする機会が増えましたね。ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。住宅の高断熱性能、省エネ設備機器

このところ早朝の地震が続きました。お気づきでしたか?そして先だっての福島沖での地震。またも地震の脅威が近づいているような・・・。そして木曜日の雪!東京での積雪は54年ぶりだとか。地球温暖化からの異常気象。異常事態も頻繁に起これば異常ではなくなりますからね。

今回は地盤調査の歴史についてのお話です。 1923年(大正12年)に発生した関東大震災では、多くの建物被害が発生しました。 その数は、全壊が約10万9千棟、半壊が約10万2千棟です。  それがきっかけとなり、日本で初めて組織的に地盤調査が行われました。 

たぶん私は1年に1回は坪単価のことについて書いているかもしれません。 というのも、家づくりを検討し始めたばかりの人の中には、今も『坪単価』を業者選びの参考にしている人がいるからです。 数字を比べればいいだけなので、判断基準としてわかりやすいと思いがちです

先だっての中西のブログ【リフォームで国から補助金が貰えます】の続報です。正式名称は「住宅ストック循環支援事業」といい、昨年行っていた住宅エコポイントとほぼ同等の内容です。 内容的には中西が書いていたエコリフォームに加え、‘良質な既存住宅の購入’と耐震性の

先週の続き。 木造住宅での保険料の構造種別はT構造とH構造の2種類あります。 そして違いは先週のブログで書いた通り、防火性能の違いです。 さらに火災保険料はH構造を100とするとT構造は約40。 とてつもない違いです。 ですがほとんどの住宅はH構造なんです。 最近流

家を建てたり、買ったりすれば必ず入る火災保険。今年の3月までは住宅ローンの借入期間の全期一括で入ることが出来ていたのですが、改正により最高5年になったので、事実上保険料の値上げとなりました。 そしてこの火災保険、建物の構造により種別が分かれ同時に保険金額も

だんだんと日が短くなり、風も秋を感じる涼しい風にかわってきました。はやくも9月も半ば、今年もあと3.5ヶ月。寒い冬に向かいます。暑いのも困りますが、私はやはり寒いのが最も嫌いです。だから寒くない家を考え、造っているのでしょうね。 さて今回は前回に引き続き‘窓
『HEAT20設計ガイドブックから・・4』の画像

今日から明日に掛けて台風が接近します。このブログを書いている時点(27日)ではどの地域に上陸するのか分かりませんが、強風と大雨にはお気を付けください。 さて今回は‘窓の断熱性’についてです。窓の構成はガラスを止めている枠材とガラスに判別されますよね。そして
『HEAT20設計ガイドブックから・・3』の画像

今年の夏の豪雨は異常ですよね。これも異常気象の表れのようですから地下や道路などの排水に弱い所は注意したいですね。弊社の夏季休暇は8/11(木)〜8/17(水)までの7日間となります。今回は省エネ住宅の代名詞。「夏涼しく、冬暖かい家」をつくるには?という基本中の基本

8月です!そしてようやく梅雨明け、夏本番!今年の夏は猛暑となりそうなので熱中症には気を付けましょう。 さて今回から‘新しい省エネ住宅つくりのバイブル’HEAT20設計ガイドブックからいくつかのテーマを抜粋してお話してゆきます。 まずHEAT20とは、Investigation comm
『HEAT20設計ガイドブックから・・1』の画像

4月中旬からスタートした「江戸川区鹿骨の家」が先だって完成し、お施主様のご厚意による先週の土曜日の事前予約内覧会を経て、お施主様にお引き渡しをしました。 思えば大雨などの大きな天候の崩れもなく、工程的には至極順調に仕上がり予定工期から1週間早くお引き渡しを
『「江戸川区鹿骨の家」完成!!』の画像

今年も早ハーフターン。水不足と夏の猛暑が叫ばれ、リオ五輪ではジカ熱と治安の不安で本来とは違う所が賑わい、楽しみどころか正常に行われるの?と関係の無い心配をしています。五輪は4年に一度の祭典ですので、応援と興奮を楽しみたいものです。 さて4月に起こった‘熊本

今回は弊社(私の)の考え方です。既にいくつかの住宅会社でZEH補助金申請(採択)は行われています。この合否判断をみると加点要件であるUA値の20%強化(基準値よりも20%削減)、そしてBELS(通称:ベルス)の取得、一次エネルギー消費量も-40%あたりが補助金がもらえる

今月、懸案事項であった‘ZEHビルダー’登録が完了しました。 ZEHとは、2014年4月閣議決定において、「2020年までに標準的な新築住宅で、さらに2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)ゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)

「江戸川区鹿骨の家」では工事も順調に進み、先だってお施主様にもお出で頂き‘気密測定’を行いました。当ブログでも各物件でご紹介していますので、お読み頂いている方々は気密の重要性は認識されていると思いますが、省エネルギー住宅には切っても切れないのが‘気密’で
『「江戸川区鹿骨の家」気密測定』の画像

↑このページのトップヘ