あなただけのアメリカ住宅を創ろう [千葉県柏市]

地震に強い構造で、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。たった1台の家庭用エアコンで家中冷暖房の快適住宅。省エネ・エコを推進するアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

あなただけのアメリカ住宅を創ろう       [千葉県柏市] イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した省エネ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

住環境

先週の日曜日は、恒例のBBQでした。 すでにスタッフが書いていますので、私は違う話題にしますが、何と言っても雨が降らなかったのが一番でした。 冬から春にかけての私の雨男ぶりはすでにご承知の通りでしたが、禊はギリギリ済んだようで助かりました。 これからは晴れ男

こんにちは、スタッフ 堀です。ここ最近の寒さのおかげで、なかなか春物の服に変えられません。冬に逆戻りしたかのよう・・・と思っていたら、家族が風邪(インフルエンザかも・・・)をひきました。皆様も十分お気を付けください・・・(汗)。 ちょっと寒く、また雨も降

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告がありました。 国交省では、平成26年度からスマートウェルネス住宅等推進事業により、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証する調査への支援を実施。平成27年度までに得られた調査データに基づき、検証

今年の私のブログもあと2回。寒さもきつくなってきました。お体ご自愛ください。 突然ですが、今、あなたがいる部屋の湿度はどれくらいですか?人間が快適な湿度は、40〜60%だと言われています。しかし、日本では夏は70%以上に、冬は20%以下になることがあります

こんにちは。スタッフ 堀です。先日は早くも雪が積もりましたが、寒さはこれからも厳しくなっていきますね。事務所内の寒さもさることながら、私の自宅でもアルミサッシの枠に結露が出たりと、いろいろと冬らしさ(?)が出てきています。 外気は低温で乾燥、一方で部屋を

関係各所から‘年末・年始のお知らせ’FAXが届き始めると否応なしに年末を感じます。弊社の年末・年始のお休みは12/27(日)から1/5(火)までとしますので、宜しくお願いします。普段休みの少ない弊社ですので、ある程度まとまったお休みが取れるときは休みにしなければ
『電気蓄熱式輻射熱暖房機  2』の画像

今年の冬は暖冬なのだとか?とはいえ、寒いのには変わりはありませんよね。既にほとんどのお宅では暖房が活躍しているものと思います。 さて、表題については過去にも記載した記憶もありますが、弊社のブログを古くから愛読頂いている‘イシマツさん’からのご要望により弊
『電気蓄熱式輻射熱暖房機  1』の画像

こんにちは、堀です。先日、久しぶりに歯医者へ行きました。年に一度(本当はもっと早くした方がいいのかも)の定期検診。歯石や着色を撮ってもらいましたが、虫歯や歯周病等の異常はなかったようで、安心しています。来月は、これまた久しぶりの健康診断・・・。初めての胃

8月になりました。連日の猛暑で外での仕事は本当に大変です。一日中作業をしなくてはならない職人さん達には本当に頭が下がります。ここ数年の夏の暑さは半端ではありません。お施主様のお宅に伺う機会が多々あるので夏の暑さについて・・・「私たちの子供のころはこんなには

東京で開花宣言がされてから数日後、一斉に‘そめいよしの’が開花しました。数日前にはまだ‘つぼみ’だったのにたった1日でこうも変わるとは自然って改めて‘すごいな〜’と感心しました。ここのところ気温も20℃前後まで上がり、すっかり「暖房」も要らないくらいになりま

3/9まで3回に分けてお送りした‘冬の暖房’ブログ。最後の会で、輻射熱を利用した暖房で現在の方式の他にあと2つの考えがあるとお話をしたところ、とある方より思想段階でも聞いてみたいというコメントが入りましたので2回に分けてお送りします。 この方法は既に行っている

前回の続き。 そこでたどり着いたのが‘蓄熱機’です。電気蓄熱式輻射熱暖房機は何と言っても価格の安い深夜電力で蓄熱し、昼間は熱を放射するだけで昼間の比較的高い価格帯の電力を使わず、放射された熱を室内に貯め込むことが出来ます。 北海道や東北の極寒地域では昼間

前回の続き。 暖房方法には対流式と輻射熱式があるというお話。 対流式の代表格は今や主流となっているエアコンがあります。よくお年寄りは「エアコンは好きではない」と聞きますよね。これは乾燥した暖かい空気が噴き出す事により肌が乾燥するからではないか?と思います

う〜寒い!今年の冬も、もう少し。我慢我慢。過去に何度はお話ししている‘暖房’について私の考えを再度お話しましょう。 弊社の住宅の暖房は床下に電気蓄熱式輻射熱暖房機を家の中心部に1台置き、家中を暖房しています。よく「この暖房機1台で家中を暖かく出来るのか?」
『冬季の暖房 その1』の画像

突然ですが、皆さんは‘風’がどのようにして起こるのかご存知ですか? 自然界で風が起こるにはいくつかの原因があります。1)   温度差2)   極地から赤道へ3)   気圧大体の風はこのような事から起こるのです。 温度差温度の高い空気は軽く、温度の低い空気は重い

こんにちは、堀です。ここ最近、急に蒸し暑くなってきた気がします。この時期は、衣・食・住 あらゆる環境でカビの存在が気になってきますね。カビが生えるには、温度・湿度・栄養源・酸素・・・以上の4つが必要になります。住環境において酸素を完全に排除することはできま

5月に入り、さわやかな晴天が続き気持ちのいい日が多くなってきました。先日発表された3ヶ月予報では危惧されていた‘冷夏’というわけではなさそうで一安心。しかし、今年はエルニーニョ現象の発生する割合が高いとか。一転、異常気象にならなければよいのですが。 さて私
『通風セミナー その1』の画像

日に日に寒さが増しています。現場管理で外部に30分居るだけで凍えるような寒さが体に凍みわたります。外仕事をしている方々は「動いていれば寒く無いよ」といいますが、寒そうにしているのは大して動かない私だけです。寒さと言えば断熱を考える上で地域の気温は外せません

今日は‘天皇誕生日’で祝日ですね。もしかしたら‘クリスマス’行事の方もお出ででしょう。今年もあと10日余り。仕事は今週いっぱいとなります。30日の月曜日もUPしますが、「今年も一年間ご購読くださり、誠にありがとうございました。来年も宜しくお願いします」さて今回
『暖房と熱方式  その2』の画像

今日の逸品は・・・牡蠣をたくさん頂いたので、クラムチャウダーではなくオイスターチャウダーを作ってみました。1.牡蠣は片栗粉をまぶして、やさしく洗います。片栗粉が黒くなるのが、牡蠣についた汚れですから、片栗粉が白くなるまで2〜3回ほど片栗粉をまぶして洗い、水を
『『熱容量と断熱性〜中西編』By中西    2013.12.20』の画像

↑このページのトップヘ